【フィッシング】「三井住友銀行より大切なお知らせです」というスパムメール

あらゆる手を使い、毎日のようにいろんなスパムメールが届きます。Amazonだったり、Googleだったり、Appleだったり、、、、を名乗るものや、クレジットカードがどうのこうのだったり。

そんな日々を過ごしておりますが「ん?三井住友銀行?」と気になるものがありました。メールの内容がなんだか怪しすぎる作りだなぁ…と思ったものがあったのでご紹介します。



「三井住友銀行」を装ったスパムメール

届いたメールはこちらになります。この手のメールは作り込みが甘いのでぱっと見でわかることが多いと思います。今回のこのメールも、ビジネスメールとしての精度の低さで怪しいものだとわかります。

内容や体裁もそうですが、送信者のメールアドレス(ドメイン)やオレンジのボタンの送信先のURL(メーラーによって違いますがマウスオーバーすると表示されます。)が謎のものだったりしますのでそこでも判断が可能です。

試しに、オレンジのボタンで飛んでいく先のURLをコピーして(押したら怖いので絶対に押しません。)、URLチェックをしてみました。

どんなURLかここに載せたいところですが、間違って誰かが押してしまった時に責任持てないので伏せさせてもらいますね。

やはりフィッシング判定

トレンドマイクロのサイトでURLをチェックしてみた結果

ということで、上記の画像のオレンジのボタン部分のURLをコピーして、検査してみました。アンチウィルスのサービス提供サイトではだいたいURLチェックができるようになっているかと思います。

今回はトレンドマイクロのサイトでURLをチェックし、フィッシングサイトだったり、その他の危険度を調べてみました。

案の定、危険なサイトとして判定されました。

フィッシング:正規のWebサイトを偽装してユーザ名やパスワードなどの情報を収集する詐欺サイトです。

ということで、今回の三井住友銀行を名乗るメールは危険なメールでした。

URLチェックをしたい方はこちら

Site Safety Center
世界最大級のドメインデータベースを持つトレンドマイクロのWebレピュテーションは、Trend Micro Smart Protection Networkの中核を成すコンポーネントです。

Trend Micro Site Safety Center
タイトルとURLをコピーしました