【解決】iPhoneで撮影した写真の「.HEIC」を「.jpg」にしたい時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

iOSをアップデートした時にいつの間にか写真データの拡張子が変わっていた。iPhone内だけで完結するような使い方をする人の場合は気付きづらいので、もしかしたら初耳の人もいてもおかしくないでしょう。
iPhoneのカメラで写真を撮影し、PC等に写真を送ってみるとよくわかります。

拡張子が「.jpg」ではなく、「.HEIC」となっているはずです。ぜひとも一度ご確認ください。

—[Sponsor]—

保存形式を「.jpg」にする方法

そのままでも不便ないのであれば特に設定を変える必要はありませんが、撮影した写真を「.jpg」として使う可能性がある方は設定変更を検討してみてください。

「.HEIC」-1「.HEIC」-2

「設定」から「カメラ」を選択します。その中の「フォーマット」を選ぶと、「高効率」か「互換性優先」を選ぶことによって、この設定以降に「カメラ」アプリで撮られた写真は「.jpg」で保存されることになります。

「.HEIC」-3

「.HEIC」-4

高効率画像という扱いなので、わざわざ「.jpg」に戻すということはAppleのやろうとしてることに逆行することになるかもしれませんので、ご自身でご判断して設定してもらえればと思います。

—[Sponsor]—

「.HEIC」を「.jpg」に変換する方法

設定を変更する前までに撮影されたものは「.HEIC」になってしまっていると思われます。
その場合は変換するツールやサービスを利用し変換する必要があります。
さまざま提供されていますが、下記のWebサービスはいかがでしょう?Win用やMac用で使えるアプリもありますのでご検討いただければ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
About 1tokuu 115 Articles
広告クリエイターとして生活しながら、趣味のまちづくりに没頭したり、仲間たちと様々なイベントを企画し酸いも甘いも経験しています。 様々な経験の中で培ったリアルなものを記事としていますので、何か使えるものがあればお使いください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください