【裏技:cpgz、zip】Macで解凍できないzipファイルはブラウザを選ぶといいかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Macでzipファイルを開く

なんだか日本語がおかしい感じがするタイトルですが、ダウンロードしたzipファイルを解凍しようとしても、.cpgzという拡張子が末尾について何もならない陥った際の対処法です。
実際に私もこの状態に陥り四苦八苦したのでメモとしての記事になりますが、Windowsからmacに乗り換えて使い始めた方なんかには参考になるかもです。




 

一生終わらないのではないか…

とあるサイトからzipで圧縮されたデータをダウンロードし、いつものようにダブルクリック!

example.zip → example.zip.cpgz

あれ…なんだコレ。となった訳で仕方ないなアプリ使って解凍しようかなと思い、The Unarchiverを起動。
example.zip → example.zip.cpgz
あれ。。。うーむ。じゃあこれならどうだ!!とStuffIt Expanderを起動。結果、example.zip.cpgzまた、こいつになるだけ。解凍できない….><

こんな事はじめてだなぁと思い調べました。

FirefoxかChromeを使うとなぜか解凍出来る

色々と調べてみるとブラウザ変えてダウンロードするとイイよと言う記事がチラホラ。
んな馬鹿な。と思いましたが物は試しとやってみたところダウンロードされたzipファイルは最初と同じ「example.zip」。なんも変わらんじゃんと思いながらも解凍してみると不思議な事にちゃんと解凍されました。

ブラウザロゴ

参考記事
Macでzipファイルを解凍できない時の対処方:zip→cpgz→zip…無限ループの脱出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。