もはや白鵬も鶴竜も引退では?3日目両横綱に土がつく。2敗の横綱に後がなくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事を読むのにかかる時間: 1

2日目に遠藤にひっくり返されて屈辱的な敗北を喫した白鵬。初日に敗れたものの2日目に1勝をあげた鶴竜。

この両横綱がもう1敗でもしようものなら、早々と休場してしまうんではないかと多くの人が思っているのではないでしょうか?

右に左に炎鵬が暴れる

https://www1.nhk.or.jp/sports2/sumomovies/3.html

まずは人気の小兵力士炎鵬。対する明生は連敗中ということもあり勝ちたいところでしょう。そんな明生をかき乱すように左の上手投げを見せる炎鵬。それが難しいとなると懐に入り込み今度は右からの出投げ。

このスピードは小兵ならではですし、これまでの稽古の賜物でしょう。
舞の海も人気者でしたが、やはり小兵力士が大きな力士を手玉にとって勝つ姿は痺れます!

期待の朝乃山は隠岐の海と対戦。

勝手にとても期待をしている朝乃山ですが、隠岐の海との対戦はまったく危なげもなく、がっしりと寄り切って終了。

これは初場所の優勝も現実的になるんではないでしょうか….まだ気が早いですね。

両横綱の敗戦。

まずは北勝富士と鶴竜の一戦。鶴竜は2日目の勝利でここはしっかり勝ち切って、1敗を守るのはもちろんのこと横綱としての強さも見せたいはず。

しかし、終わってみるとこれは横綱の相撲なのだろうか?と思ってしまう不甲斐なさ。北勝富士は常に全力相撲で楽しませてくれますし、連勝中で絶好調。

序盤は北勝富士を土俵際に追い詰めましたし、喉輪で押し返しそうになるものの引いてしまってそのまま弾き飛ばされるように土俵の外へ。言い訳のしようがない負け方ですね。

そして、2日目に敗れてしまった白鵬は連敗中の妙義龍との一戦。ここはすんなり勝っておきたかったところでしょうが、立ち合いの力比べ状態を強引にこじ開けようとして両手を土俵につけてしまいました。

本来であれば横綱が若手を相手にあしらうような勝負で見られそうな光景を逆にやられてしまいました。

こちらも横綱としてはこんな負け方ではいかんのでは….と思わせられる二番でした。

2人とも二敗となってしまいましたが、もしかすると4日目にして早々と休場となるのかもしれません。せめて1人は横綱残って欲しいものです。


もしかすると今場所で引退もあり得るのでは….と思ってしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
About 1tokuu 191 Articles
広告クリエイターとして生活しながら、趣味のまちづくりに没頭したり、仲間たちと様々なイベントを企画し酸いも甘いも経験しています。 様々な経験の中で培ったリアルなものを記事としていますので、何か使えるものがあればお使いください。