【SDGs】世界とつながれる!社会課題を楽しく学べるSDGsボードゲーム(CAMPFIRE)

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
この記事を読むのにかかる時間: 1

SDGsを体感的に学ぶカードゲームはいろいろと出ていますが、CAMPFIREでクラウドファンディングに挑戦中の「世界とつながるSDGsボードゲーム」をご紹介。ボードゲームはあまりお目にかかることがなかったので熱烈に応援したいなと思います。

まだ終了まで時間があるのでプロジェクト達成するとは思いますが、ご興味のある方は是非とも支援みてほしいと思います。(このプロジェクト発案者の方とは全く繋がりはございませんが勝手に応援しております。)


—[Sponsor]—

実際に体験したわけではないので記載されている内容を推察して頭の中でイメージするしかないのですが多分こんな感じです。ということを書いてみます。

具体的な課題解決事例をインプットすることができる

SDGsを学ぶ上で困難だと思われる一つは、範囲が広いことと階層が深いということがあると思います。17の目標・169のターゲットがあり、その下には232の指標があります。17の目標についてはだいぶ知られてきていると思います(17の目標を全部把握しているということではなくて、存在を知っているという程度かもしれませんが。。)。

そんな分かりづらさを取り組み事例を楽しく学べるツールとなっているようです。取り組み事例を多く知るということは、あなたや周りの人がSDGsに関して実際に「なにか取り組んでみよう!」と思った時にバリエーションとして頭にあるだけで自分にもやれることが増えアクションに繋げやすいので有効です。

「このプロジェクトで実現したいこと」に記載されていることがまさにそうだと思う。

SDGsボードゲームを広めることで、持続可能な世界の実現に向けて、より多くの方が行動する世界を実現したいです。

引用:https://camp-fire.jp/projects/view/191601

行動する世界

これが本当に必要です。

どんな些細なことでもいいのです。実際に行動することが本当に大事です。

文章の中には「自分ゴトとして行動すること」という文言も出てきます。
SDGsのセミナーやカードゲームなど啓蒙的なものイベントはいまやたくさんありますが、それを経て「あなたは何をはじめましたか?」という問いに答えられる人は私の周りにはほとんどいません。

学生と話す機会もちょいちょいあるのですが、SDGsを語る頭でっかちな学生がとてもいいことをいいながら特にアクションに繋げていないというのも見かけます。周りの大人も同じです。

自戒も込めて「行動する世界」を少しずつでも実現していきたいなと感じた次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
About 1tokuu 167 Articles
広告クリエイターとして生活しながら、趣味のまちづくりに没頭したり、仲間たちと様々なイベントを企画し酸いも甘いも経験しています。 様々な経験の中で培ったリアルなものを記事としていますので、何か使えるものがあればお使いください。