熱戦が続く高校野球。佐々木 朗希(ささき ろうき)選手の決勝登板回避は是か非か

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
この記事を読むのにかかる時間: 1

今年の高校野球で話題となった大船渡高校の佐々木 朗希(ささき ろうき)選手の岩手県大会決勝登板回避についてあなたはどのように感じたでしょうか?

監督の想いを選手も分かっているでしょうし、決勝戦を前にしてチームとしての覚悟みたいなものもあったんじゃないでしょうか。

—[Sponsor]—

一視聴者としては無理をしてでも決勝を投げて、甲子園出場を決めて岩手旋風で全国を翻弄してほしかったなとは思います。

ただ、一視聴者ではなくこれからの日本野球界を盛り上げてほしいという将来的なことを考えるとここで無理して故障してほしくないという思いもあります。

このくらいで故障しないという人もいれば、選手の将来をここで潰さないでほしいという意見も多くあります。野球経験の有無でも客観的というか身勝手な意見だったり、原体験に基づく意見だったり。
野球経験者同士でも時代や考え方の違いで賛否両論ですね。

野球解説者の張本勲さんとメジャーリーガーのダルビッシュ選手のやり取りが炎上していましたが、他にも甲子園常連校の監督の発言などにも注目が集まっていました。

投げさせるべきだったのか…

高校で野球をやっている子ども達の中には甲子園を一つの通過点としてプロ入りを考えている子もいれば、甲子園出場を最終目標としてその後の人生での野球を終えようとする子もいるでしょう。

また、甲子園に出場するのはとても難しいけれども野球が好きで続けている子もいます。部員数も少なくチームとしてかろうじて成立している学校や近隣校との合同チームを結成しているところもあります。

今回の議論の場合は一番最初の「甲子園を一つの通過点としている場合」に当てはまることと思います。

と、なると将来の佐々木投手が日本のプロ野球ないしメジャーリーグでの大谷翔平のような活躍をするための過程としてどちらが正しかったのかという論点になるはずです。

怪我をする?か怪我をしないか?は自分自身が一番分かるでしょうし、身近にいる監督も調子を見れば気づくこともあるわけです。将来、大投手として活躍するためにはやはりここで故障して潰れてほしくないという決断は間違っていないのではないかと思います。

メジャーリーガーのダルビッシュ投手が「怪我から守る努力は当たり前」と言っているのは投手は消耗品という今現在では主流となっている考え方だと思います。メジャーリーグでは以前からこの考え方はいたって普通で試合展開の前に投球数を重視してピッチャーを下げたりします。

日本ではまだその辺は少し緩いように感じますし、高校野球となると投球数よりも試合展開やその子に頼る展開が多いので違いは当然あります。

—[Sponsor]—

様々な立場での見解

こういった議論の際に立場によって見解は大きく変わります。親などの身近なところから野球界という大きくてボヤッとしたくくりで考えると…

怪我をしてほしくないし、甲子園に行ってほしい。そしてドラフトでプロに入団。いづれはメジャーで活躍してほしい。というような考えはすると思いますが、一番最初に来るのはやはり「怪我をしてほしくない」ということでしょう。

甲子園という一つの過程を仮に達成できなかったとしてもそのあとのメジャーでの活躍などは他の方法でもたどり着ける可能性はあります。怪我をしてしまったら終わりですものね。

監督

大船渡高校の国保陽平監督は「投げられる状態ではあったかもしれませんが、私が判断しました。理由としては故障を防ぐため」と話しています。

国保監督はアメリカ独立リーグに所属していた経験もあるそうで、投球数などの考え方などはどちらかといえば日本の考え方とは少し違う見方をしているのだと思います。

視聴者

視聴者は赤の他人ですから、やはり見たかったのは決勝での登板。最高速を更新しながら完封でもしたら佐々木 朗希フィーバーが発生して第101回大会の甲子園は面白いことになるだろうと予測できるので登板を望む声は大きいでしょう。

ただ、万が一決勝の登板で故障して甲子園では投げられないもしくは野球人生が終わるというようなことになれば、手のひらを返して国保監督バッシングの嵐になっただろうなと簡単に予想できます。

有名選手

野球解説者の張本さんは「けがを怖がったんじゃ、スポーツやめたほうがいいよ。みんな宿命なんだから、スポーツ選手は」という見解。
「将来を考えたら投げさせたほうがいいに決まってるじゃない。苦しいときの投球を体で覚えてね、それから大成したピッチャーはいくらでもいるんだから。楽させちゃダメですよ。スポーツ選手は」とも付け加えています。

根性論的な感じで「ん〜…」と思ってしまう部分もありますし、そうやって大成してきた人もたくさんいるんだろうなというのを見てきた人の話だし…と思っていたところにダルビッシュ投手からの反論。いわゆるシェンロンTweet。

野球界の将来

張本さんとダルビッシュ投手の論争は手法は違えどともに野球界の将来を考えていると思います。社会的にもダルビッシュ投手の考え方に賛同する人も多いでしょうし、巨人の星などのスポ根マンガを読んでいた世代には張本さんの考え方もとても共感するでしょう。

防犯上から部活が終わった後に親が車で迎えに行ったり、少し過保護な面を見ると甘ったれんな!的なことを思うことは確かにあります。

ただ、ダルビッシュの言っているように日本野球界を変えていくためには小久保監督の決断は一石を投じることになったと思います。

これからの野球人生(ドラフト指名や大学進学など)

佐々木選手が大船渡高校での野球を選んだのは、これまで一緒にやってきた仲間と野球をやりたいということでした。

甲子園での活躍がマストなのであれば、高校選びの選択も変わっているでしょうし、決勝での登板回避をしたとしても一緒に戦ってきた仲間に託すという気持ちは後悔を生みづらいのではないでしょうか?

まとめ

日程的な改善

以前から言われていますが、試合日程の間隔問題。もう少し間を開けてあげればそもそもこんな議論自体ないのでは?と言われています。大会運営の詳細がわからない以上は正直ここに対してどうのこうのいうことはできないです。

選手もそうですが応援団や家族などの滞在費も膨大なものになりますし、表面的には一視聴者にはわからないことがたくさんありそうだなとは思います。

その中で改善できることや別の方法などもなるとは思いますので将来の有望な選手を潰さず、悔いのない戦いができる環境づくりはしていかなければならないでしょうね。テレビ見ながらぎゃーぎゃー言ってるのではなくてみんなでやらないといけないですね。

監督と選手の信頼感

最終的に佐々木選手の起用については国保監督と佐々木選手との信頼関係。そして、チームの仲間との信頼関係があっての決断だと思います。

監督バッシングなどで悪者を作ると話は盛り上がりますが、そんな性格悪いことはやめて彼らの決断を尊重し見守るのがいいんじゃないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
About 1tokuu 152 Articles
広告クリエイターとして生活しながら、趣味のまちづくりに没頭したり、仲間たちと様々なイベントを企画し酸いも甘いも経験しています。 様々な経験の中で培ったリアルなものを記事としていますので、何か使えるものがあればお使いください。