【自分の長所に目を向ける】あなたは自分が思っているよりも素晴らしい。

昔、別のところで書いていたブログがあって、少し読み返してみたときに出て来た内容が今伝えたいことを書いてたのでリライトしてみます。

自己肯定感について思うことはありますか?自己肯定感とかいう言葉ではなくても良くて、自分の価値とか考えたりします?
高すぎてもいいとは思いませんが、低すぎる、もしくは低くしてしまう意識が働くと人は自信をなくします。
恐れに支配され行動できなくなることもあるでしょうし、ネガティブなスパイラルがより良くない結果を招くかもしれません。

言いたいのは「もっと自分を評価してもいいんじゃないか?」ということ

似たような記事をつい最近書いていたので気になる方は読んでみてください。

なぜ、自己評価を低く見積もってしまうのか?
人は誰しも、この世に生きている限り、「誰かに認められたい」「自分自身の価値を高めたい」と思ったことが少なからずあるのではないでしょうか。 このように思う人というのはとても向上心があるタイプで、負けず嫌いだったりとても頑張り屋さんな...
実力を身につけるor付加価値を高める
自分の価値を高める方法は実力を見につける方法と、付加価値を高める方法があります。実力を身につけることは難しく、時間がかかりますが、付加価値を高める方法は短期間で効果がえられる場合もあります。



自分を5つのステップでゆっくりみてみよう。

なかなか忙しさに追われると自分のことを見る機会はなくなります。
5分くらいで終わると思うのでちょっと書いてみてください。

  1. 自分の存在で誰かが助かっていたりしませんか?
  2. 自分の役割が誰かを支えていませんか?
  3. あなたはどんな強みがありますか?
  4. あなたを支えられてくれる人は誰ですか?

何を感じたかはわかりませんが、自分は一人では生きていませんし、あなたは誰かの人生の一部になっています。

自分の自分と他人の自分

最後にこの動画をご覧いただければと思います。自分を考えるときに誰でも厳し目に捉えてしまいます。
でも、他人から見ると全く違う場合がほとんど。隣の芝生は青く見えるものです。それは他の人があなたを見るときにも同じです。

ダヴ: リアルビューティー スケッチ | あなたは自分が思うよりもずっと美しい

迷走する後輩に向けて

後輩が失敗続きで少し思い悩んでいて、全てが空回りだったので書いてみました。
成果を出すために自分を良く見せようとか、知らないことを知らないと言えずに虚勢を張っていたのでこれはまずいと思いこの記事を書きました。

不器用な彼がもう少し心に余裕が持てますように…

まとめ

冒頭にも書きましたが、今回の記事は古い記事のリライトです。昔日記のように書いていたブログが今になって共感する内容だったりするものですね。
他の記事も読んでみましたが甘々で小生意気な若造の自分がいて身震いしました。「誰目線やねん…」と。
2014年の10月頃に書いていたもので、当時の私は何かしら悩みを持ってたようで読んだ印象は「こいつ病んでんな..」という感じです(笑)

何年か続けてたブログなので、2000記事くらい書いてあっていまでも使えるものというか、今の自分の解釈で読んで書きなおしていきたいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました