実力を身につけるor付加価値を高める

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


自分の価値を高める方法は実力を見につける方法と、付加価値を高める方法があります。
実力を身につけることは難しく、時間がかかりますが、付加価値を高める方法は短期間で効果がえられる場合もあります。

—[Sponsor]—–

ポイントになるのが、人が嫌がってやらないことをやることです。

これは大変であったり、割にあわないと思えるものに力を入れると、感謝などの人間的な評価がついてくる場合があるためです。

汚れ仕事を率先して行う人は、様々な仕事を任せても安心できる人間という評価がつきます。
誰も引き受けたがらない仕事をして能力を磨く、学生であれば勉強以外の学習を重ねて人間性を磨くなど、人と違った方向で動いた方がプラスに働くことがあるのです。

注意したいのは、楽をしたいからという姿勢が透けて見えるとマイナスになることです。
安易な発想で付加価値をつけようと思っても、続かない場合が多くなります。人がやりたがらないことにはそれなりの理由があるため、やろうとする人の精神力が試される部分があるのです。トイレ掃除や残業、休日出勤などはわかりやすく人がしたがらない仕事です。



トイレ掃除はともかく、残業や休日出勤で評価を稼いでも、持続ができなければ倒れてしまう点にも注意が必要です。

付加価値をある程度つけて信頼を得た場合は、次のステップに進む必要があります。
積極的に向上心があるところを見せるなど、人の評価を得るための努力をした方が良いのです。

これは、汚れ仕事ばかりをしてしまうと、都合のいい人間として使われる恐れがあるためです。
業務を改善して全体の負担を和らげることや、地域や社会への還元を提案するなど、広い視野を提示しなければ体よく使われて終わってしまう場合があります。

より良い場所で働いてもらった方が良いと思ってもらうことが重要になってくるのです。汚れ仕事などで苦労した経験はここで生きてきます。
どのようにすれば効率的に仕事を終わらせられるか、負担を減らすためにはどうすれば良いか考えられる用になるからです。

漫然と仕事をしていてもどのように改善すればいいのかわからないのもポイントになります。
嫌々やった仕事や作業は自分の経験になり辛いのです。真剣にやれば真剣にやるほど学びが多くなります。

また、嫌であれば、手早く作業を終わらせるに限ります。その努力や考察の積み重ねが他に生きることも多いのです。
人徳を磨いて助けられながら生きていく方法もありますが、自分から率先して改善を考えた方が人はついてきやすくなります。

自分だけで改善ができなくても、アイディアを伝えることで評価が上がっていくこともあるため、積極的に行動をするのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
About 1tokuu 90 Articles
広告クリエイターとして生活しながら、趣味のまちづくりに没頭したり、仲間たちと様々なイベントを企画し酸いも甘いも経験しています。 様々な経験の中で培ったリアルなものを記事としていますので、何か使えるものがあればお使いください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*