使い方)記事内に目次があったほうがアクセスアップに繫がります【目次生成プラグインTable of Contents Plus】/WordPress

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは何について伝えたいですか?人は直接対面しての対話の中では本質に近づいた内容を伝えられます。でも、ブログや文章などで伝えようとした時に大体の人は違うアプローチを試みます。カッコつけた文章を書いたり、使い慣れない言葉を使ったり。
普通に対話すれば良いのです。読んでくれているあなたと自分の距離を理解し、普通に話せば良いのです。
ちょっとタイトルの内容とは意味合いが変わるのですが、目次を付けるプラグインをしっかりと使いこなすためには、文章の構造化が必要になってきます。h1などのタイトルタグをしっかりと使い分け文章を書くことがアクセスアップに繋がると言うお話しです。

 

こんな方に向けて書いています

  • 自分のブログをもっと多くの人に見て欲しい
  • 内容を見やすくしたい
  • 文章を書くのが少し苦手
  • 整理した記事を書きたい
  • ちゃんと伝えたい事がある

「Table of Contents Plus」というプラグイン


こういうのよく見ますよね?Wordpressでサイトを作成している人で結構な確率でこの目次を設置しています。これは構造的にまとめた文章を書いていき、そこをしっかりマークアップしてあげれば良いのです。
設定の方法は色々とありますが、とりあえずインストールしてマークアップするところをご説明していきたいと思います。

インストールと初期設定

インストールの詳細はここでは書きませんが、「プラグイン」の「新規追加」で「Table of Contents Plus」を検索すると出てきますので、「インストール」をクリックし「有効化」してください。

設定については、下記の通り。それほどいじらなくても機能します。この記事の本題はこの辺の話ではないのでサクサクと進めさせていただきます。

「Table of Contents Plus」が機能する状態と言う前提で…

みなさんは新聞など字がたくさんある読み物を見る時にどんな行動をしていますか?
そう。見出しを追いかけますよね?新聞なんてあんなに字だらけだとどこから読んだらいいかわからなくなるはずです。
大きくて文字が太い見出しがキャッチーなことを伝えてくれますよね。ササッと斜め読みしてその見出しの中から気になるものを見つけて、詳細について読み込んでいくと思います。
ブログを書く時もやることは一緒です。

アクセスアップのために

アクセスアップ望むのであればしっかりと構造化した記事を書くことを心がけるのが大切です。
シンプルですがベースとなる記事の組み立て方をご紹介すると、

  1. メインテーマは何か?:タイトル(h1)
  2. 簡易的な概要:リード文
  3. 伝えたい内容:見出し2(h2)
  4. エピソードなど:見出し3(h3)
  5. 読者に取って欲しい行動など:見出し2(h2)
  6. 具体的なことなど:見出し3(h3)
  7. まとめ:タイトル(h2)

見出しの付け方(html)

構造は記事のメインテーマによって変わるのですが、見出しとしてのマークアップの方法をお伝えしないといけません。
自分でWordpressのテーマを作っているのであれば、どこでh1タグを使っているかなど理解しているでしょうが、無料のテンプレートとかデフォルトのテンプレートなどある場合は、それが分からなかったりします。
例えばサイトの名前がh1でマークアップされ、記事のタイトルがh2となる場合。記事のタイトルをh1としてマークアップされている場合などあると思います。
※すみませんが、マークアップの状況について調べ方など書くのはまた別の記事で行います。

記事のタイトルがh1となっている場合は、以降の記事内ではh2からマークアップして構造化していきます。
Wordpressで記事を書く場合は「ビジュアル」と「テキスト」のどちらで書いているかによりますが、html等の知識がない人の方がこの記事を見てる気がするので、ビジュアル時について書きます。

見出しの付け方(これはh3)

これ見たことありますよね?一般的な「ビジュアル」エディタだと左上の方にあります。通常だと「段落」ってなっているのではないでしょうか?

▼を押すと「見出し1」から「見出し6」まで選べると思います。これを選ぶために記事の内容を構造化して考え、マークアップしていきます。

たったそれだけで、あなたの記事の上部(設定によって変更可能)に目次が自動的に付くことになります。

簡単だと思うので是非ともやってみてください。目次のリンクをクリックするとその部分に一瞬で飛んで行くので、伝えたいことを伝えやすくなると思います。

まとめ

プラグインは所詮プラグインでしか無いのですが。。。

伝えやすくなれば自ずとアクセスもアップしていきます。この「Table of Contents Plus」というプラグインを活用することと記事を構造化することを頭にいれてブログを運営してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。