30代女性回答編「責任転嫁と優先順位」仕事のできない人の特徴と対応・対策を教えて!(6)

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

日々の仕事には責任を持って取組みたいと思いますし、同僚にもそうであって欲しいと願っています。目の前のものしか見えない場合に、ただそれをこなすだけになってしまい”責任“を見失っている人を見かけます。
これは何のためにやっているのか?しっかり考えることも責任のカタチです。

 

ヒアリング記事について・・・・当サイトでは「1000人聞き」というカテゴリー内にて、様々な人から聞いた生の声を掲載しています。個人の環境によって偏る内容になる場合もあるかもしれませんが、多くの人の生の声が集約することで生まれるものがあるはずです。

ヒアリング記事では、当サイトのオリジナルキャラで紹介したり、一問一答式や、書類形式でまとめたりでご紹介しています。



責任転嫁と優先順位

必ず人のせいにする人

人のせいにする人はしょっちゅうミスをします。そして、少しでも自分の責任を減らすために人のせいにします。人のせいにすることで怒られることが少なくなり、振り返ることもなく調子にのりミスを繰り返す。そして人に尻拭いをさせる。本人はミスのカバーすら自分でしないためミスしたことにすら気付いてない場合もある。

優しさは本人の為にならない

なるべく自分のミスは自分で処理をさせないと成長に繋がりません。よかれと思い処理してしまうと本人はミスに気が付かず、また同じようなミスを繰り返します。いつまで経っても本人の気がつかない負のループに入ります。迷惑をかけている人がいたとしても、自分から率先して後処理をしようとなんて考えていない(気づいていない)為、善意で処理をするのではなく、本人に指摘し自身で処理を体験することによって次のミスが多少ですが減少していきます。

スポンサーリンク

優先順位をつけられない人

優先順位をつけられない人は、今やってる仕事が終わらない限り、次の仕事に取り掛かれない場合が多く見られます。納期が早い仕事を後回しにしたり…
そういう人は、人の意見は聞かず自分の考えのみで行動してる可能性があります。というよりも、先のことを考えられないので、優先順位そのものを理解していません。
やらなければいけない仕事が他にあっても頼めない。結果、周りの人に負担が増えていきます。

アドバイスしながら補正していく

優先順位がつけられない人には初めから優先順位をつけて仕事を渡します。その仕事の中で更に細かく優先順位を付けなくてはいけないときは、こっちからやったほうがいいんじゃない?とアドバイスすることも必要です。アドバイス聞き入れない場合は最優先すべき仕事のみを渡し、残りの仕事は1回戻してもらうことも。根気強く、本人が優先順位をつけられるように接する事が必要です。。

スポンサーリンク

まとめ

今回のヒアリングは少し偏った内容というか、個人的な怒り・恨みのようなものを感じたような…
優先順位を付けられない人は圧倒的に仕事が出来ません。「優先順位=何をすべきか」が分からずして仕事が成り立つわけがありません。
城を作るためにレンガを運ぶ人と、ただ積み重ねるだけにレンガを運ぶ人に意義の違いがあるように先にあるものをイメージすること、最終的なイメージを共有できなければなりません。

責任を人に押し付ける様な人は結構環境に左右されるのではないかと個人的に思っています。私の周りにいる人がそうなので全体的にそうだとは言いません。
そこそこの学歴があるものの、なかなか責任ある仕事に恵まれずいた時代が長かったのかなと。認められたいためにミスは許されませんし、プライドが許しません。
だからこそ、責任ある仕事を任されないのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
About 1tokuu 90 Articles
広告クリエイターとして生活しながら、趣味のまちづくりに没頭したり、仲間たちと様々なイベントを企画し酸いも甘いも経験しています。 様々な経験の中で培ったリアルなものを記事としていますので、何か使えるものがあればお使いください。